スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

wait SS。

2012.05.23 23:10|図書館戦争。
やっとこさ更新でございます。。。
SS更新は一ヶ月弱ぶりになってしまいました(汗
なかなか思うようにいきませんね……

さて、劇場版も公開まで一ヶ月を切りました!
紅茶は今日4軒回ってやっと一個ゲットしましたよ^^;
ちなみに小牧さんでしたw
前売り特典は後から出てきたふせんが私的に一番良かったなぁなんて思ってます。
だって絵崩れがないから←
それも無事予約。

あとかなり楽しみなのはサントラですねー!
菅野さんの作曲ですからねっ!
図書戦のサントラもガリレオのサントラもすきです^^*

そんなこんなで日食なんかもありましたが、なんとか生きてます(笑)
日食すごかったですよねー!
曇ったときに肉眼で見られるくらいになったら減光フィルム着けずにバシャバシャ写真撮ってましたw


それでは、堂郁恋人期間で待ち合わせいつも早いね、というお話です。
めっちゃ短いです。


よろしければ追記よりどうぞ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




公休日、郁は駅前で堂上を待っていた。

滅多にない状況が新鮮でどきどきしてしまう。

しばらくすると、堂上が駅に向かって歩いて来るのが見えた。
いつものように品の良いラインで揃えた服がよく似合っていてかっこいい。

普段そんな風にゆっくりと見る機会が無かったので強く意識してしまい、火照った頬が緩んでいくのがわかる。
いつ気づくかな、と思っているとふと顔を上げた堂上と目が合った。

堂上は一瞬驚きに目を見開いたあと、柔らかく微笑んで片手を上げた。
郁が手を振り返すと堂上が小走りに駆け寄ってきたので郁も前へ出た。


「早いな、何かあったのか?」


今まで堂上に何かしらの急用が出来ない限り郁のほうが待ち合わせに早く来たことはなかった。

もちろん、いつも郁が遅刻しているというわけではない。
待ち合わせの時間の前に来ても堂上は先にいるのだ。

そこで郁は一度恋人をを待ってみたかったのと、いつも待たせてばかりで悪いという思いから堂上の先に来ようとしていたのだった。
しかしそれがなかなかできない。今までに3回ほどチャレンジして全敗してしまった。

一回目は5分前、二回目が10分前で三回目は郁側の不慮の事故によって、待ち合わせの5分前に間に合ったが早く来ることはできなかった。

そして今日。
四回目にしてやっと堂上より早く来ることができたのだった。


「いつも待たせてばかりなので待ってみたかったんです」

「だけどお前、今何分前だと思ってるんだ」


今は待ち合わせの15分前だ。
ちなみに郁は20分前からここで待っていた。


「でも教官だって早いじゃないですか。いつもこんな早くから待ってくれてたんですか?」

「まあな」


郁のようによくハプニングが起こるようなタイプではないのだからそこまで余裕を持たなくても間に合わないということにはならないだろう。


「教官こそ、なんでですか?」

「そもそも待たせるのがあまり好きじゃないってのと、郁が誰かに絡まれてたりしてたら嫌だからだな」


確かに柴崎と二人のときなどに経験したことがあるが、絡まれるのは良い気分はしないのでいつも助かっている。
もっともだ。



「まあ一番は……俺を見つけて笑顔で駆け寄ってくる郁がかわいいからかな」



そのもっともらしい理由の後ににやりとしか形容のしようがない笑顔で言われてしまった。

恥ずかしさで頬に血がいくのがわかる。

郁も堂上を見つけたときは嬉しくてつい満面の笑みで駆け寄ってしまっているのは自覚している。
それを改めて、しかもかわいいなどと言われてしまうと余計恥ずかしい。

堂上は郁が恥ずかしがるのをわかっていてからかうのだから性質が悪い。
今だって楽しそうに郁の顔をのぞき込んでくる。


「そういうことだから無理して俺より早く来ようとか思わなくていいんだぞ?」


———俺の楽しみを奪ってくれるな。


そんなふうに言われたら素直にうなずくしかない。
からかいつつも何だかんだ言って堂上はいつも郁のことを考えて行動してくれているのだ。

それに今日堂上を待ってみてその気持ちがよくわかった。
自分を見つけてくれて、見つけたときに笑顔になって自分のほうへ来てくれるというのは嬉しい。


そんな風に思っていると、郁の返事に満足気に笑った堂上が郁の手を捕まえた。


「せっかく早く合流できたんだし、行くか」

「はいっ!」


はにかんだ郁に堂上が笑みを深める。



綺麗に晴れ渡った青空の下、今日はどこへ行こうか?







fin.



スポンサーサイト

テーマ:二次創作
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
自己紹介。

誠

Author:誠
趣味 読書
好きな作家 有川浩先生、畠中恵先生などなど
ちなみに図書館戦争(特に堂郁)をこよなく愛してます。

亀更新中

アクセス解析済み

web拍手。

ただいまお礼SS2個UP中。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

訪問者様数。

キリ番受付中です! ぞろ目、語呂合わせ、キリのいい数字、ニアピンなど よかったら一言リクエストなどありましたらよろしくお願いします!

現在の訪問者様数。

現在の閲覧者数:

時計。

お世話になっております。

私的なリンク。

メールフォーム。

名前:
メール:
件名:
本文:

愛する作品たち。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。