FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いーすたー SS。

2012.03.24 23:20|図書館戦争。
どもー……
相変わらずの亀更新で……orz
なのに何故か来て下さる方が急増!?という(笑)
ありがとうございますっ!!!!

さてさて、
早く暖かくなってくれないかなぁと思う日々でございますが、イースターな時期になりましたね♪
仏教徒な我が家ではなにもしませんが(笑)

でもせっかくなので書いてみましたSS!
あんまりイースターについて知らないので間違ってるところとかあったらすみません……
相変わらずの短さしりつぼですw


ではでは!
堂郁夫婦でいーすたーな感じです(笑)
よろしければどぞ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




「……何、やってるんだ?」


風呂からあがると郁が一生懸命テーブルで何かやっていた。
こちらに背中を向けているからよくわからないが、テーブルの上にはカラフルな油性マジックが転がっている。


「んーとね……じゃーん!」


きゅっと最後の一筆を入れた郁が手に持ったものを振り返りながらずいっと見せつけた。


「玉子か?」


玉子の殻にはかわいらしい小花が描かれている。


「そう!ゆで玉子の殻に柄を描いてるの。もうすぐイースターでしょ?」


日本人にはあまり馴染みのない文化だが知識としては知っていた。


「そうだな。結構上手いじゃないか」


郁の向かいに腰掛けるとテーブルに置かれた出来上がった玉子たちを眺める。


「えへへ。そうだ、いいこと思いついた!」


郁は新たに玉子を手に取ると意気込んでなにやら書き始めた。


「どうだ!」


びしっと篤の目の前に出した玉子に描かれていたのは……篤の似顔絵だった。
いつもの仏頂面……眉間のしわに半眼、口はへの字になっている。


「……なんで俺の似顔絵になるとみんなそんな顔になるんだ?」


篤が不満げに眉をひそめると郁は笑った。


「だって篤さん家じゃそんなでもないけど基本こんな顔してるじゃない」


さらに篤の眉間にしわが寄る。
郁はそんな篤を楽しそうに眺めてからまた一個手に取った。


「これが柴崎で……こっちが小牧教官と毬江ちゃん。で手塚に玄田隊長!」


次々と似顔絵ゆで玉子が出来上がっていく。
どれも特徴を良く捉えていて感心した。


「……これは食べるときが楽しみだな」


玄田のゆで玉子は日頃のあれこれの分、殻を完璧に木っ端みじんにしてやろう。


「かわいいから割っちゃうのもったいないけど、写真に撮っておくんだ」


郁は語尾に音符がつきそうな楽しそうな声色で言った。


「それはいいが、これからしばらくはゆで玉子ずくしになるぞ?」


調子に乗って大量に作ったゆで玉子は消費が大変そうだ。
それにゆで玉子はそれほど持ちが良くない。


「うっ……ちゃんと食べるから大丈夫」


とはいっても篤と郁なら早々に食べきることもできるだろう。
こういうときは大食いで助かる。


「そういえば、イースターといえばうさぎだよな」


跳ね回る生き生きとした躍動感や多産のため豊饒のしるしとなっている。

続きを促すように郁が少し首を傾げた。
その姿に―――ふと、悪戯心が疼く。


「……で、うさみみはしてくれないのか?」

「………………ば、バニーガールでもさせる気!?」


期待通りの反応に篤は満足げににやりと笑う。


「ああ、それもいいな」


普通にうさみみだけならかわいい。バニーガールなら……
篤が郁のうさみみ姿、バニーガール姿を想像していると郁は墓穴を掘ったことに気づいたらしい。


「って、やらないからね!?どっちも!」


郁は真っ赤になって否定するが篤は面白がってにやにやと笑って流してしまう。


「それは残念だな」

「そもそもどこでそんなもの手に入れるのよっ!」

「インターネットだな」

「そんなさらっと答えないでよ!」


暖簾に腕押し状態に郁はぱたりと机に顔を伏せ、唸る。


「まあ、郁はそのままでも充分かわいいからいいけどな」


とどめに髪を梳けば唸り声が止まった。


「……反則」


郁は起き上がるときっと篤を睨み、ふいっと顔を背けてしまった。
頬はまだ赤いままだ。


篤はその様子に声を出して笑うと、もう一度ふわりと郁の頭を撫でた。







fin.



スポンサーサイト

テーマ:二次創作
ジャンル:小説・文学

コメント

非公開コメント

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
自己紹介。

誠

Author:誠
趣味 読書
好きな作家 有川浩先生、畠中恵先生などなど
ちなみに図書館戦争(特に堂郁)をこよなく愛してます。

亀更新中

アクセス解析済み

web拍手。

ただいまお礼SS2個UP中。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

訪問者様数。

キリ番受付中です! ぞろ目、語呂合わせ、キリのいい数字、ニアピンなど よかったら一言リクエストなどありましたらよろしくお願いします!

現在の訪問者様数。

現在の閲覧者数:

時計。

お世話になっております。

私的なリンク。

メールフォーム。

名前:
メール:
件名:
本文:

愛する作品たち。

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。